オールインワン化粧品のメリット、デメリット - 敏感肌にはワンステップのオールインワンゲルがお勧め
  • オールインワン化粧品のメリット、デメリット

    オールインワン化粧品を利用するメリットとデメリットとしては、次のような点が挙げられます。
    まずメリットとして挙げられるのは、化粧水や乳液、美容液などによる手入れの手間を一回で済ませることが出来る手軽さです。様々な基礎化粧品の美容効果を備えているので、忙しい時や疲れている時、さぼりたい気持ちが強い時なども手軽に肌のケアを行うことができます。

    オールインワンの化粧品情報もきっとあるはずです。

    次に様々な美容アイテムをそれぞれ単品で購入するよりもオールインワンのものを購入すれば出費を最低限に抑えることもできます。
    また、ケアのために何回も肌に触れなくて済むので、肌に余計な刺激を与えなくて済みます。



    特に化粧水をコットン等に含ませて強くこすってしまう行為は肌への負担を大きくしてしまうのでシミなどの原因にもなってしまいかねません。

    一方デメリットとしては、どうしても単体の化粧品の持つ美容効果に比べると効果が落ちてしまうという点が挙げられます。


    効果を一つにまとめている分、化粧水単体に比べて保湿力や浸透力が弱かったりするので、ファンデーションののりが良くないと感じることも多いようです。


    そのため、必要以上の量を毎回つけなければ思ったような美容効果を期待できないことも少なくないので、結果として消費量が多くなり、短期間で購入しなければいけなくなって費用が高くついてしまう可能性もあります。これらのメリットとデメリットをよく理解した上で、オールインワン化粧品の利用を検討してみることがおすすめです。